本文へスキップ

コア抜き工事からX線探査(レントゲン)やレーダー探査まで一貫施工やアンカー引抜試験のことなら茨城県取手市のサワケンへ。茨城 千葉 さいたま 東京 栃木 群馬 関東一円出張いたします。

 お気軽にご連絡下さい  Mail.contact@swkn.jp
TEL. 029-785-3823 FAX. 029-774-5347



サワケンは、コンクリート内探査からコア抜き・接着アンカー施工・アンカー引抜試験を自社責任施工にて行うことのできる一貫施工会社です。

トピックスTOPICS

  • 有限会社サワケンは、X線探査(レントゲン)やレーダー探査、といったコンクリート内非破壊探査から、ダイヤモンドカッターによるコンクリートコア抜き、接着系(ケミカル)アンカー工事からアンカー引張(引抜)試験まで、一貫施工を承っております。茨城 千葉 さいたま 東京都内 栃木 群馬 関東一円出張いたします。
    当社のコンクリートコア抜きは、ダイヤモンドコアを用いた壁コア抜き工事や床コア抜き工事はもちろんのこと、逆さ(天井)コア抜き工事にも対応致します。乾式、深堀や大口径(600φまで)にも対応致します。
    また、テストピース採取やコンクリート圧縮強度検査・中性化試験も承ります。

新着情報NEWS

2014年9月1日
採用情報更新致しました。
2014年9月1日
サイトをリニューアルオープンしました。

インフォメーションInformation

2020.05.26

有限会社サワケンは創業20年以上のコンクリート工事の専門業者です。コンクリート内の調査や新たな配管を通すための穴あけ、コンクリートへ部材を取り付けるためのネジの固定などコンクリートに関する施工を幅広く取り扱っております。コンクリートに関する施工なら弊社にご相談ください。関東一円まで出張いたします。

2020.05.19

有限会社サワケンでは接着系アンカーの施工も行っています。接着系アンカーとは壁や天井、床などに部材を固定するためのボルトを、コンクリートを打設したあとで設置するための施工です。コンクリートを穿孔して、その穴にねじのような部材を入れて化学反応で固定するものです。

2020.05.11

X線探査というのはコンクリートの内部を非破壊探査する方法です。ブロック塀などのコア抜きを行う際にはその耐震強度を保つために内部の状態を確認しなければなりません。300ミリ以内の厚さのX線装置を設置する反対側にフィルムを張ることができる環境であれば実際にコンクリートを破壊せずに内部の状態を確認することができます。

2020.04.22

建築物は建設の段階でその強度などが綿密に計算され作られています。様々な改修工事を行う際にも、コンクリートの中に張り巡らされた鉄筋や電気・水道の配管があります。それらの位置を確認するために行うのがX線探査なのです。

2020.04.15

コア抜き作業とは、完成しているコンクリートの床、壁、天井などに孔を開けることです。排水管などで必要な孔をリフォームやリノベーションの際に追加するときに行う作業です。もちろん建物の強度に関する作業でもあるため、あらかじめ図面確認などを含めて情報を確認したうえで、慎重に行うべき作業なのです。

2020.4.9

建設途中の建物の状況を調査・探査する方法は様々ありますが、その中のひとつが健康診断の時などに体内の撮影で用いられるX線を使用したX線探査作業です。X線探査は厚みのあるコンクリート内部の配線確認も可能です。建物のX線探査のご相談は、サワケンまでどうぞ。

2020.3.25

コア抜き工事を施工する際に用いられる工具としてもはや定番とも言えるほど注目を集めているダイヤモンドチップを使用したコアビット。その硬度の高さでも名の知られたダイヤモンドは、高い切れ味と掘削能力を兼ね備え、さらに耐久性にも優れています。私ども有限会社サワケンでも、コア抜き工事の際にはダイアモンドカッターコアドリルを用いた施工を行います。

2020.3.18

アンカー引張試験は、施工業者の手による目視、打音などの自主検査で行われることが一般的ですが、加力測定機を用いた試験を行うことで、数値を算出した確実性のあるデータを手にすることができます。茨城・取手の有限会社サワケンは、関東一円でアンカー引張試験の対応を行っております。

2020.3.11

「鉄筋や配線の調査のためにX線探査をお願いしたいけれど、壁が結構厚くて心配……」こんなお悩みをお持ちでいらっしゃいましたら、有限会社サワケンにご相談下さい。弊社が行っているコンクリート内X線探査は、コンクリートの厚さにして400mm程度まで撮影可能です。1回の撮影時間も10秒程度(※)で行っておりますので、迅速にご利用いただけます。(※ コンクリートの厚さによって変動が生じます)

2020.3.4

確かな工事の施工には、作業を行うに当たっての安全性の確保が必要不可欠です。私ども有限会社サワケンは、コア抜き工事を始めとする各工事にしっかりとした安全のためのガイドラインを設けております。また、すべての施工は弊社の経験豊富な作業員が対応致しますので、安心してお任せいただけます。

2020.2.26

アンカー引張試験には破壊試験と非破壊試験があり、私どもサワケンで執り行うアンカー引張試験は、後者の非破壊試験を取り入れております。アンカー打設後の品質管理のために、ぜひアンカー引張試験をご利用下さい。関東一円の各都県に出張訪問致します。

2020.2.19

お建物の改修・改装工事の際に、コンクリートの中に走っている配管や配線、鉄筋などを切断してしまうという事故が起こることがあります。コンクリート内をX線やレーダーで探査することで、このような事故を防ぐことができます。関東一円でのコンクリート内X線探査に関するご相談は、有限会社サワケンまでどうぞ。

2020.2.12

コア抜き工事は通常湿式穿孔と呼ばれる、水を使用した施工が行われます。水を用いることにより、穴開けの際の粉塵の飛散を抑えたり、施工の際の摩擦熱を冷却し、工具を長持ちさせることができます。その一方、水を使用することが困難な場所においては一切の使用ができないという大きなデメリットが存在します。サワケンでは、水濡れ厳禁の場所でも施工が可能な乾式穿孔によるコア抜き工事のご案内も行っております。

2020.2.5

アンカー引張試験の中には、測定に用いる装置のサイズによっては作業できる環境が限られるものがあります。サワケンがアンカー引張試験に用いる加力測定器は、軽量で小型のものを用いているため、天井や壁面、狭所と言った動きの限られる場所での試験・測定が可能です。 測定データをその場でプリントできるアンカー引張試験のご相談がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。

2020.1.29

X線を用いたコンクリート内探査作業は便利な反面、X線、つまり放射線からの被ばく問題は常に密接に関わってきます。私どもサワケンがX線探査作業を行う際は、散乱線による被ばく被害を最小限に抑えるために、定められた規定の範囲よりもさらに立入禁止区域を広げて作業を行います。これにより、さらに確かな安全を確保することができます。安心・安全のX線探査作業をお求めの際は、是非弊社にご相談下さいませ。

2020.1.22

コア抜き工事というと壁に行われるものというイメージがありますが、必要に応じて天井などに行うこともあります。弊社では、一般的なコア抜き工事はもちろんのこと、天井用のコア抜き工事である逆さ抜きにも対応しております。吸盤を使用して行う確かな施工をお約束いたしますので、お気軽にご相談下さい。

2020.1.15

既設のコンクリート基礎に電線や配管を新設するためには、穴を開口する必要があります。 ここでお役立てすることができるのが、コア抜き工事です。有限会社サワケンは、ダイヤモンドカッターを用いた安心・確実なコア抜き工事をご提案しております。豊富な施工経験がございますので、お気軽にご相談下さい。

2020.1.8

改修・改装工事の現場で、コンクリートの内部に走っている電線や鉄筋、LANケーブルを切断・破損してしまう事故は少なからず発生します。こういった事故を未然に防ぎ、確かな施工を行うために役立つのがコンクリート内X線探査です。サワケンでは、有資格者によるコンクリート内X線探査の作業をご提供しております。

2019.12.18

アンカーの打設後に、その品質を検査するために行われるアンカー引張試験。私ども有限会社サワケンは、こちらのアンカー引張試験の対応を行っております。施工業者の自主試験だけでは見えづらいこともある詳細なデータを、加力試験を通じて獲得することができますので、お気軽にご相談下さい。

2019.12.11

私ども有限会社サワケンは、関東一円でコア抜き工事の対応を行っております。基本の壁コア抜き工事はもちろんのこと、吸盤を使用した天井のコア抜き工事や、床面のコア抜き工事などにも対応しております。床面コア抜き工事に関しては、デッキプレートのコア抜き工事も可能ですので、ご希望の際はお気軽にお申し付け下さい。

2019.12.5

一度固まったコンクリートの中を走る鉄筋や電気配管を探査する必要が生じた際は、私どもサワケンにお任せ下さい。弊社では、コンクリート内の状況を正確に探査するX線探査作業のご案内がございます。コンクリートの厚さにして400mm程度まで対応しておりますので、お気軽にご相談下さい。

2019.11.27

建設工事が、最終的に決を出された施工計画書通りの進捗で施工が行われたか、というのは非常に重要なポイントです。正しく、確実な施工が行われているかを確認する際に役立つのが、アンカー引張試験です。アンカー引張試験を始め、各種建築関連の試験に関するご相談がありましたら、私ども有限会社サワケンまでどうぞ。これまでに数多くの試験・施工を行ってきた、経験豊富な専門会社です。

2019.11.20

私ども有限会社サワケンでは、通常のコア抜き工事のほか、サイズによってはハンディ式のコア抜き工事も可能としております。ハンディ式のコア抜き工事の際は、コアドリルを設置するベース用の穴が残らないというメリットもあります。防塵カバーを用いて施工を行いますので、チリ・ホコリの対策も万全です。

2019.11.13

体の中やお口の中を撮影するレントゲン撮影は、放射線被曝を避けるために特別誂えの診察室で撮影されます。しかし、建物や建築物のX線探査作業においてはそのような空間を用意することが難しい側面があります。弊社は、X線探査作業の際に自社独自の規定を定め、被爆災害を最小限に抑える手筈を取っております。安心・安全のX線探査作業をお約束致します。お気軽にご相談ください。

2019.11.6

アンカー引抜試験に用いられる加力測定機。私ども有限会社サワケンが使用している測定機は、軽量・小型化されたタイプです。そのため、天井面や壁面、狭所などでの試験作業も可能となっております。特殊な状況下のアンカー引抜試験をご検討の際は、お気軽にご相談ください。

2019.10.30

サワケンの手掛けるコンクリート内X線探査は、厚さにして400mm程度まで探査が可能となっております。X線探査を行うことで、コンクリート内部を走る鉄筋や電気配管などを正確に確認することができます。関東圏での施工のご用命がございましたら、お気軽にご相談ください。

2019.10.23

コア抜き工事に求められるのはその正確さ・的確さと、迅速な施工です。有限会社サワケンは、コア抜き工事を中心に、建設・建築に関する様々な施工を対応しております。豊富な業務経験があります、正確さと迅速さを兼ね備えた工事が可能です。

2019.10.16

有限会社サワケンは、ダイアモンドカッターコアドリルを用いたコア抜き工事の他、コンクリートの圧縮強度試験・中性化深度試験を行っております。本社は茨城ですが、東京、千葉、埼玉、栃木、群馬と関東一円に出張致しますので、工事のご用命がございましたらお気軽にご相談下さい。

2019.10.9

建築現場における試験や調査の結果などは、速やかにわかればわかるほど、安心した施工を進めやすくなります。サワケンのアンカー引抜試験は、データをその場でプリントすることができるスピーディーなご案内が可能です。加力測定機を用いた、データとしての確実性も高いアンカー引抜試験をぜひご利用下さい。

2019.10.2

X線探査作業の際には十分な配慮を行う必要があります。サワケンでは、自社で定めた規定として、本来定められている被爆災害を最小限に抑えるための立入禁止エリアを規定以上に広げて作業を行います。こうすることにより、安全性をよりしっかりと確保して作業を行うことができます。

2019.9.25

私ども有限会社サワケンでは、アンカー引き抜き試験などを始めとする建設工事に関わる様々な試験のご相談を承っております。アンカー引き抜き試験は、ケミカルアンカーの打ち込みから実際の引き抜き試験まで、すべての作業を一貫して行っておりますので、安心してお任せいただくことができます。

2019.9.18

茨城県取手市の有限会社サワケンでは、コア抜き工事の対応を行っております。施行にはダイヤモンドカッターコアドリルを用い、通常のコア抜き工事のほか、『逆さ抜き』と呼ばれる吸盤を用いての天井コア抜き工事や、デッキプレートのコア抜き工事なども対応可能です。どうぞお気軽にご相談下さい。

2019.9.11

コンクリートの内部を調査するためのX線探査。その原理は、お医者さんの治療や健康診断などで人体の中を撮影するレントゲン写真と同じです。サワケンのコンクリート内X線探査は、厚さ約400mm程度まででしたらコンクリート内を正確に探査することができます。コンクリート内X線探査のご依頼がございましたら、お気軽にお申し付け下さい。

2019.9.4

アンカー引張試験には、細かな判定基準が設けられています。目視試験の場合、施工の位置やアンカーの本数・角度、そして突出寸法が施工計画書通りに行われているかを確認します。さらにここで加力試験を行うことで、より確かなデータが施工主の皆様の元に届きます。アンカー引張試験のご用命は、サワケンにお任せ下さい。

2019.8.30

すでに完成された建物に穴をあける作業・コア抜き工事。サワケンでは、硬度・強度に優れたダイヤモンドカッターコアドリルを用いて作業を行います。これにより、鉄筋コンクリートへの穴あけも可能となります。

2019.8.21

コンクリート建築のお建物についての詳細な調査をご希望の際は、有限会社サワケンにお任せください。コア抜き工事やX線探査、アンカー引抜試験などの幅広い対応が可能です。すべての施工は下請け・孫請けの業者などを頼らずに自社で行っており、安心感も段違いです。

2019.8.7

コア抜き工事は、壁に円筒状の穴を開ける工事を行うことを指します。ダイヤモンドカッターを使用した、安全かつ確実性の高いコア抜き工事のことなら有限会社サワケンにお任せ下さい。壁面はもちろんのこと、床面のコア抜き工事、吸盤を使用しての天井コア抜き工事にも対応しております。

2019.7.31

サワケンがご提供しているコンクリート内X線探査は、精度の高いものをご案内すると同時に、安全面にも十分考慮を行っております。弊社はX線探査に当たって独自の規定を設けており、散乱線による被爆災害を最小限に抑えるために立ち入り禁止エリアを本来の規定よりも広げて作業を行っております。安心・安全のX線探査に関するご相談がございましたらお気軽にどうぞ。

2019.7.24

アンカー引抜試験は通常施工業者の自主検査にて行われます。サワケンは、加力測定器を用いたアンカー引抜試験を行っております。測定器を用いることにより確実なデータを取得することができます。用いる測定器は軽量・小型タイプのもので、天井・壁面・狭所など、場所を問わず利用できる強みもございます。

2019.7.17

310mm以下のコア抜き工事の際、サワケンではハンディ式のコア抜き工事の施工が可能です。ハンディ式の最大のメリットは、通常のコア抜き工事の際につきもののコアドリル設置のためのベース用穴を残すことなくコア抜き工事ができるという点にあります。ハンディ式コア抜き工事のご用命がございましたら、お気軽にご相談下さい。

2019.7.11

コア抜き工事に関するご相談がございましたら、有限会社サワケンにお任せ下さい。ダイヤモンドカッターコアドリルを用いた、安全で確実性のあるコア抜き工事をご案内しております。壁・床のコア抜きはもちろんのこと、吸盤を用いて行う天井コア抜き工事にも対応しております。

2019.7.3

鉄筋コンクリートの建造物の中は、鉄筋や配管、電気系統の配線が張り巡らされています。 それを探査するために用いられるのが、X線探査機やレーダー探査機です。有限会社サワケンでは、これらの装置を用いて鉄筋コンクリート内の探査作業を行っております。関東一円にて出張作業を行っておりますので、お気軽にご相談くださいませ。

2019.6.26

本来、アンカー引抜試験は施工業者の方が目視・接触・打音、それぞれを自主的に行うものが一般的でした。しかしここで加力試験を外注していただくことにより、より確実性の高い施工のデータを取ることができます。加力によるアンカー引抜試験のご用命は、有限会社サワケンまでどうぞ。

2019.6.19

ビルの中には、電気や空調と行った様々な設備が設置されます。そのために欠かすことができないのが、電気系統のケーブルや配水管です。これらの初期設置や増設、また耐震診断の際のテストピースの採取などの際に重要な役割を果たすのがコア抜き工事です。有限会社サワケンは、こちらのコア抜き工事を始めとする様々な施工の対応を行っております。いつでもお気軽にご相談くださいませ。

2019.6.12

有限会社サワケンでは、建築物へのコア抜き工事の施工を行っております。工事の際にはダイヤモンドカッターコアドリルを使用致します。壁コア抜き、床コア抜きのほか、デッキプレートのコア抜き工事も可能ですので、お気軽にご相談くださいませ。

2019.6.5

人間ドックや健康診断など、医療の現場で多くの方の健康を守るために活躍するレントゲン撮影。建築業界においても、このレントゲン撮影、そしてそれに用いられるX線はとても重大な役割を請け負っています。それこそがコンクリート建造物内のX線探査作業です。建物の骨格に当たる鉄筋から、電気の配線・配管などを一切の破壊を行うことなく、詳細な情報をもたらすことができるX線探査作業のご用命は、有限会社サワケンまでどうぞ。

2019.5.29

アンカー引抜試験を始め、建設・建築工事を行うに当たっては、さまざまな試験が存在します。安心・安全の自社対応で試験を行える業者をお探しの際は、私ども有限会社サワケンにお任せ下さい。軽量・小型タイプを用いて施工を行いますので、天井や狭所の作業も可能です。

2019.5.22

建築物のコンクリート壁の中には、鉄筋や電気配管などが張り巡らされていることがございます。この内部の状況をつぶさに調査するためには、X線探査が必要です。コンクリート内のX線探査に関するご相談はサワケンにお任せ下さい。厚さ400mm程度まで探査対応が可能です。

2019.5.15

私ども有限会社サワケンは、茨城県取手市に開業している会社です。建築の現場に欠かすことのできないコア抜き工事など、さまざまな業務を自社責任施工にて執り行っております。隣県の千葉・栃木や東京、埼玉など、関東一円への出張対応も可能です。コア抜き工事などがご入用の際は、お気軽にご相談くださいませ。

2019.5.8

建設工事に必要不可欠なアンカー引抜試験のご用命がございましたら、有限会社サワケンにご相談くださいませ。弊社のアンカー引抜試験、およびその他の試験・探査作業は、全て自社所属のベテランスタッフが対応致しますので安心感が違うと評判です。

2019.4.24

コンクリートの内部を走る鉄筋や電気配管を正確に探査するために活用されるのが、人体の内部を撮影する際に用いられるX線です。コンクリート内X線探査に関するご相談がございましたら、茨城県取手市の有限会社サワケンまでどうぞ。県内はもちろん、東京、千葉、埼玉など関東一円に出張致します。

2019.4.17

コア抜き工事を行い、壁や天井、床のサンプルを採取することによって、コンクリートで建造されたそれらの耐震診断・強度測定を行うことが可能です。コンクリート内部の鉄筋を痛めず行える、安心安全のコア抜き工事をご希望の際は、有限会社サワケンにご相談くださいませ。熟練の技術を持つ精鋭スタッフが対応に当たります。

2019.4.10

アンカーの打設後、品質管理を目的として引抜強度の測定を行うのがアンカー引張試験です。これを行うことにより、計画書に従って施工がなされているか、ということや、安全性を確認することができます。関東一円におけるアンカー引張試験のご用命がございましたら、有限会社サワケンにご相談くださいませ。

2019.4.3

コンクリート内の鉄筋や配線を検知するために行うX線探査作業。非常に便利で有用性の高い作業ですが、X線の運用には危険も伴うことも知られております。有限会社サワケンでは、安全性に最大限配慮したX線探査作業を行っておりますので、安心してお任せいただけます。

2019.3.27

通常、コア抜き工事にはアンカーと呼ばれる留め具を用います。アンカーはそれ専用の穴を開けて設置する必要がございますが、中にはアンカーを設置するための穴を開口することが難しい場所や、それをあえて避けなければならない場所というものがございます。サワケンでは、吸盤を使用することでアンカー用の穴を開けずにコア抜き工事を行う対応も行っております。ご希望の際はお気軽にご相談くださいませ。

2019.3.20

建築関連の調査や試験に関する相談事というのは、どこに任せたらよいのかわからない……。そういったご意見も多く耳に致します。有限会社サワケンでは、コア抜き工事、コンクリート内X線探査など、建築関連の調査・試験のエキスパートでございます。初めてのお客様も安心してご相談いただけるような、確かな施工をお約束致します。

2019.3.13

接触や加音を用いた、比較的簡易に行われる「自主検査」、加力測定装置という機械を用い、何段階かの肯定を踏まえて行われる「立会検査」、アンカー引抜試験は大別するとこの2種類がございます。私ども有限会社サワケンでは、後者にあたる立会検査を基本としております。加力測定装置を用いて行われる、確実性の高い施工をお求めの際は、ぜひご相談くださいませ。

2019.3.6

床や壁に円筒状の穴を開ける工事、それがコア抜き工事です。有限会社サワケンでは、ダイヤモンドカッターを用いたコア抜き工事の対応を行っております。吸盤を用いた「逆さ抜き」と呼ばれる天井のコア抜きや、床面のコア抜き工事も行っておりますので、幅広くご利用いただくことが可能です。

2019.2.27

放射線のひとつであるX線。人体のレントゲン撮影だけでなく、それこそ弊社のようにコンクリート建築内の探査作業にも用いられるX線は、非常に便利なものである反面、取り扱いに十分気を配る必要がございます。弊社では、独自の規定を定め、本来の規定よりも立ち入り禁止エリアを広げることにより、より深く安全性を考慮した作業を行っております。

2019.2.20

建築物の確実な施工をデータとして得るための試験がアンカー引抜(引張)試験です。有限会社サワケンで行うアンカー引抜(引張)試験は、軽量・小型タイプの測定器を使用しております。そのため、天井面や壁面、狭所と言った通常こういった試験を行いにくい場所でもしっかりと試験の対応を取ることができます。

2019.2.13

コンクリート建築の調査をお考えの際は、有限会社サワケンにご相談くださいませ。弊社では、ダイヤモンドコアを用いたコア抜き工事の対応を行っております。施工は完全自社施工で対応しておりますので、安心してお任せいただけると評判です。ご不明な点などがあればお気軽にお問い合わせ下さい。

2019.2.6

有限会社サワケンでは、コンクリート内部をくまなく調べるX線探査・レーダー探査のご用命を承っております。400mmの厚さのコンクリートのX線探査を可能としており、これまで多くの皆様よりご利用いただいてまいりました。鉄筋や電気配線など、分厚いコンクリートに隠れた様々なものを、正確に調査いたしますので、ぜひご利用下さい。

2019.1.30

アンカー引抜試験は、通常であれば施工業者による目視・接触・打音などを用いて行われる自主検査が一般的です。ここに第三者の専門業者による非破壊・加力試験を行うことで、より正鵠なデータを入手することができるのです。高品質のアンカー引抜試験ができる業者をお探しでしたら、私ども有限会社サワケンにお任せ下さい。

2019.1.23

コア抜き工事に用いるドリル。有限会社サワケンでは、低振動・低騒音ドリルを用いてコア抜き工事を行いますので、音に関する無用のトラブルを極力軽減させることができます。もちろん、音や振動は弱まっても工事自体は確実に行うことができますので、安心してお任せいただけます。

2019.1.16

X線探査作業は、コンクリートの内部にある鉄筋や電気の配管などを細かく調査することを可能とするものです。確実性と安全性を高い水準で両立させた施工のできる業者をお探しの際は、有限会社サワケンをお訪ね下さい。コンクリートの厚さで若干の差異はございますが、1回10秒程度を目安に撮影を行いますので、まずはお問い合わせ下さい。

2019.1.9

アンカー引抜試験には二種類の方法があります。接触・打音を用いて確認を行う簡易的な方法と、機械を使用して行う方法で行われます。有限会社サワケンで使用しているのは、加力測定機を用いた加力試験です。これにより確実な施工をデータとして得うることができます。

2018.12.19

コア抜き工事は、電気や空調などの各設備を設置するに当たって欠かすことのできない配水管やケーブルの設置・増設や、耐震診断におけるテストピースの採取など、建築の現場において非常に重要度の高い工事です。コア抜き工事のご用命は、豊富な実績と経験のある有限会社サワケンにお任せ下さいませ。

2018.12.12

私ども有限会社サワケンでは、コア抜き工事の対応を行っております。ダイヤモンドカッターコアドリル使用による、的確な作業をお約束致します。また、コアドリルを設置するためのベースを必要としない、ハンディ式のコア抜き工事も可能ですので、コア抜き工事をご検討の際は、お気軽にご相談くださいませ。

2018.12.5

X線撮影、と聞くと、人間ドックや健康診断など、医療の現場で用いられるイメージがございますが、実は建築の世界においても、X線は大変重要な役割を担っております。私どもサワケンがお客様にご案内しております、コンクリート建造物内のX線探査作業は、建物の骨格である鉄筋や電気配線・配管などを正確に映し出し、探査することが可能です。

2018.11.28

有限会社サワケンでは、建設工事を行うに当たって必要不可欠なアンカー引抜試験をはじめとする各種試験を執り行っております。全ての作業を自社対応で行っておりますので、安心感と確実性が段違いです。アンカー引抜試験のご用命がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

2018.11.21

建物の壁や床、柱や梁に後から穴を開口する作業を、コア抜き工事と呼びます。コア抜き工事は、配線や配管を入れ忘れたところに増設する際や、建物の郷土不足を調査する「耐震診断」の判定の際にも用いられます。コア抜き工事をご検討の際は、私ども有限会社サワケンまでご相談くださいませ。

2018.11.14

様々な工事は、計画書に基づいて行われることで、その精度が高まります。確かな施工が行われているかを確認するための手段の一つが、アンカー引抜試験です。アンカー引抜試験のご用命は、私ども有限会社サワケンにご相談下さい。豊富な経験と工事の実績がございますので、安心してお任せいただけます。

2018.11.7

有限会社サワケンでは、所在地の茨城はもちろんのこと、隣県の千葉・栃木、さらには東京や埼玉など、関東一円に出張しての対応が可能です。主力の作業のひとつであるコア抜き工事は、一般的な壁・床のコア抜き工事のほか、吸盤を用いての天井コア抜き工事も可能です。いずれの場合もお気軽にご相談くださいませ。

2018.10.31

アンカー引抜(引張)試験やコンクリート内のX線探査など、建築関係の調査・試験に関するご相談がございましたら、私ども有限会社サワケンにご相談下さいませ。お電話やメールでの窓口をご用意しておりますので、お気軽にどうぞ。

2018.10.24

コア抜き工事とは、既に出来上がっているコンクリート基礎に、新規の電線や配管を通す際に穴を開ける工事のことを指します。弊社は茨城県にございますが、コア抜き工事の対応は東京や埼玉など関東一円に出張して対応致しますので、お気軽にご相談くださいませ。

2018.10.17

サワケンで承っている業務のひとつが、建造物などのX線探査です。X線を用いた探査による非破壊探査やレーダー探査を行うことで、コンクリート内部にある鉄筋や配管の存在を正確に探査することが可能です。X線を用いる際に放出される散乱線による被ばく被害に対しても鋭く目を光らせておりますので、安心してお任せくださいませ。

2018.10.10

茨城県にございます有限会社サワケンでは、ダイアモンドカッターコアドリルを使用したコア抜き工事のほか、逆さ抜きと呼ばれる吸盤を用いた天井コア抜きの施工も行っております。壁・床のコア抜きは低振動・低騒音ドリルを用いての施工も可能です。

2018.10.3

アンカー引抜試験は、大きく分けると、自主検査と立ち合い検査の二つがございます。より確実なデータを算出するため、私ども有限会社サワケンでは、加力測定器を用いた非破壊試験を執り行います。所在地の茨城はもちろんのこと、関東一円に出張対応いたしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

2018.9.26

X線探査というのは、その名の通りX線を用いて、色々な物を探すということです。X線というと、病院で行うレントゲン撮影のことを思い浮かべられる方が多いかと思いますが、実はこのX線は、コンクリートの中なども見ることができるのです。建造物のX線探査に関するご相談がございましたら、私ども有限会社サワケンまでどうぞ。

2018.9.19

建築物にとって良質なコア抜き工事とは、多くの作業を通じて培ってきた豊富な経験と、それを支える確実性のある技術、そのいずれもが揃って執り行うことができます。有限会社サワケンは、これまであらゆる現場にて、ダイヤモンドカッターを使用したコア抜き工事を行ってまいりました。関東近郊でコア抜き工事をご検討の際は、お気軽にお問い合わせくださいませ。

2018.9.12

アンカー引抜試験には、接触や加音による簡易的な試験である「自主検査」と、加力測定装置を用いたある程度の工程を踏まえて行う「立合い検査」がございます。サワケンのアンカー引抜試験は加力測定装置を用いた、確実なデータを取得できる施工をご案内しております。

2018.9.5

建造物等の非破壊検査の手法として知られるX線探査。サワケンのX線探査は、コンクリートの厚さ300mmまで検査が可能です。安全面に最大限配慮した作業を行いますので、X線探査をお考えの際はお気軽にご利用くださいませ。

2018.8.29

既に完成している建築物に穴を開口させる作業をコア抜きと呼びます。後から穴を開口する、という作業に不安を覚えられるお客様も少なくありませんが、弊社は熟練のスタッフがそれらの対応・施工を行いますので、安心してお任せいただけます。

2018.8.22

アンカー引抜試験とは、あと施工アンカー施工が完了した後に行われる試験・検査のことを指します。関東圏におけるアンカー引抜試験をご検討の際は、有限会社サワケンにご相談くださいませ。豊富な経験と実績に基づく、安心かつ確実な施工をお約束いたします。

2018.8.8

コンクリート内のX線探査・レーダー探査のことなら、私ども有限会社サワケンにお任せください。弊社のX線探査は、コンクリートの厚さにして400mm程度までの対応が可能です。鉄筋や電気配線など、コンクリート内部の正確な探査のことなら、お気軽にご相談くださいませ。

2018.8.1

コンクリート製の床や壁といった各所に、円筒状の穴を開口する作業を「コア抜き」と呼称します。私ども有限会社サワケンの施工するコア抜きには、ダイヤモンドカッターが用いられております。精度の高い器具と、熟練のスタッフの持つ確かな技術力により、高い確実性を持つ施工をお約束致します。

2018.7.25

アンカー引き抜き試験を行う一番の目的は、アンカーの持つ極限引き抜き力、およびその挙動をしっかりと把握するために行われます。また、アンカーを設計する際に必要となる、様々な定数を求めることも目的のひとつです。有限会社サワケンは、関東一円からのアンカー引抜試験のご相談を承っております。お気軽にご相談ください。

2018.7.19

電気・空調設備を設置するために必要なケーブルや配水管の設置・増設や、耐震診断のテストピースの採取など、コア抜き工事は大変重要な工事となります。有限会社サワケンは、コア抜き工事の豊富な実績と経験を持っております。

2018.7.11

コンクリート内部の鉄筋や電気配管などを性格に探査することができるX線探査作業。確実活安全性の高い施工をお求めであれば、私ども有限会社サワケンにご相談ください。コンクリートの厚さによって異なりますが、1回10秒程度の撮影時間で対応致します。

2018.7.4

アンカー引抜試験は大別すると、接触や打音を用いて確認する簡易的な方法と、機械を用いて行われる方法の二つの種類がございます。私どもサワケンでは、後者の方法である、加力測定機という機械を用いた非破壊の方法にて試験を行います。

2018.6.27

コア抜き工事のことなら、有限会社サワケンにご相談ください。工事はダイヤモンドカッターを用いて作業を行っております。吸盤を用いた天井コア抜きも可能ですので、お気軽にお問い合わせください。

2018.6.20

健康診断やお体に不調を感じた時に撮影するX線撮影。その技術は建物を建築する際にも用いられております。弊社のご案内するコンクリート建造物内のX線探査は、鉄筋や電気配管等を正確に探査することが可能です。是非ご利用ください。

2018.6.13

弊社では、アンカー引抜試験などの建設工事に必要不可欠な各種試験を執り行っております。作業はすべて自社で責任を持って一貫して行う、ケミカルアンカーの打ち込み~引抜試験は、多くのお客様よりご利用いただいております。

2018.6.6

施行計画書の通りにきちんと施工が行われているかをしっかりと確認したいとお考えであれば、アンカー引抜試験は必須です。茨城にございます私どもサワケンは、アンカー引抜試験を始めとする様々な工事に携わってまいりました。豊富な実績と経験を元に、お客様のお役に立てるよう常に業務に勤しんでおります。どうぞお気軽にお問い合わせください。

2018.5.30

茨城を始め、関東地方圏におけるコア抜き工事のことなら、私ども有限会社サワケンにお任せください。コア抜き工事にはダイヤモンドカッターコアドリルを用いており、天井コア抜き(逆さ抜き)にも対応しております。低振動・低騒音ドリルを用いた工事も可能ですので、工事をご検討の際はお気軽にお問い合わせください。

2018.5.23

コア抜きとは、建物の壁や床、梁や柱に後から穴を開ける工事のことを指します。配線や配管を入れ忘れた場合に増設する為や、コンクリートの建物の強度不足を調べる耐震診断の判定にも使用されます。関東一円でのコア抜き工事のご相談がございましたら、有限会社サワケンにお問い合わせください。

2018.5.17

X線探査はX線発生装置からX線を照射して、コンクリート内部を映し出す事が出来ます。このX線探査を行う事で、内部の鉄筋や電気の配管の位置等を明確に見る事が可能です。また撮影時間も数秒から数分程度と短く、電源がない場所でも発電機で使用出来ますし、他にも電子精密機器に影響を与えないというメリットがございます。有限会社サワケンでは、X線探査に関するご相談を承っております。お気軽にお問い合わせください。

2018.5.10

茨城県の取手市に籍を置く私ども有限会社サワケンでは、アンカー引抜試験を始めとした各種のサービスを提供しております。ご依頼やご相談などはお電話やメールでお問い合わせいただくことが可能です。

2018.4.26

コア抜き工事、とひとくちに言っても様々なものがございますが、私ども有限会社サワケンでしたら、まとめてお任せいただくことができます。壁コア抜き、床コア抜きなど、熟練のスタッフが確かな作業をお約束致します。

2018.4.18

私どもサワケンの行うアンカー引抜(引張)試験は、加力測定器を用いておこなう、いわゆる『非破壊試験』となっております。こちらの試験で出力されたデータは、持ち戻りをせずに現場でプリントアウトすることができますので、ご利用いただいたお客様からも大変便利だと評判のお声をいただいております。

2018.4.11

ALCコア抜きは310mm以下の場合、ハンディ式のコア抜きが可能となっております。ハンディ式のコア抜き工事は、コアドリル設置のベース用穴が残らない、という特性もございます。コア抜き工事のことなら、私ども有限会社サワケンに、お気軽にご相談くださいませ。

2018.4.4

X線探査に用いられるX線はご存知の通り、被曝災害に気を配って作業しないと危険なものです。有限会社サワケンのX線探査は、発生する被曝災害を最小限に抑えるため、規定より広い立ち入り禁止エリア内で作業を行います。

2018.3.28

アンカー引抜試験を行う前段階の、アンカー打設の際に必ず用いられる工具のひとつ、ドリル。ドリルが引き起こす振動や騒音がネックとなって、アンカーの打設を施工できずにいらっしゃる、というお声は、少なからず耳に致します。サワケンでは、低騒音・低振動のドリルでのアンカー打設、ならびにその後のアンカー引抜試験の施工を承っております。

2018.3.22

建物にとって良いコア抜き工事は、確かな技術と、作業を通して培った経験の両方が必要になります。サワケンは、ダイヤモンドカッターを用いたコア抜き工事をこれまでに多数行ってまいりました。ご利用いただいたお客様に安全で安心な工事をお届けできるよう尽力しておりますので、コア抜き工事のご用命がございましたら、お気軽にご相談くださいませ。

2018.3.14

病院で体の中を隅々まで見るときに用いられるX線。これは建物の構造物を調査する際にも使用されています。関東一円における構造物のX線探査のことなら有限会社サワケンにご相談下さい。

2018.3.7

私どもサワケンの行うアンカー引抜試験に用いられる加力測定器は、軽量・小型のため、例えば天井や壁面、狭いところでの試験も可能です。アンカー引抜試験のご用命がございましたら、お気軽にご相談下さいませ。

2018.3.1

コア抜きとは、すでに出来上がった建築物に穴を開ける作業になります。後から穴を開けるという作業というのに抵抗をお持ちの方もいらっしゃいますが、サワケンは経験豊富なスタッフが安心・安全の施工を心掛けておりますので、お気軽にお申し付け下さいませ。

2018.2.22

アンカー引抜試験というのは、一般的には施工業者の自主検査により行われますが、加力試験を行うことで、より確かななデータを得ることができます。アンカー引抜試験のご用命がございましたら、サワケンまでご相談くださいませ。

2018.2.14

X線発生装置からX線を照射してコンクリートの裏面に貼ったフィルムにコンクリートの内部を映し出して、壁やスラブ等のコンクリート内部の鉄筋や配電管などの埋蔵物を写真で見ることをX線探査と言います。原理は医療機関で骨折などの際にレントゲン写真で怪我を負った部分を確認するのと同じ原理です。

2018.2.8

コア抜きとは建築用語で、既にできあがった建物の床や壁、梁に後から円筒形の穴を開けることです。電気のケーブルや空調設備の配水管を増設する工事などで行なわれています。コア抜き工事のご用命は、有限会社サワケンにお任せください。

2018.2.1

あと施工アンカー施工を終了した後に行う試験や検査のことを、アンカー引抜試験と呼称します。あと施工アンカー施工業者は、施工が計画書通りに完了しているかどうかをアンカー引抜試験を用いて自主的に検査を行うのが一般的です。関東一円でのアンカー引抜試験のご相談は、私どもサワケンまでどうぞ。

2018.1.24

壁などにコア抜きを行い、サンプルを採取することで、コンクリート壁などの耐震診断や強度を測定することができます。私ども有限会社サワケンでは、熟練の腕を持つプロのスタッフが、コンクリート内部の鉄筋を傷めたり切断したりしないよう、細心の注意を払ってコア抜き工事を行っております。安心してお任せください。

2018.1.17

医療現場に用いられるレントゲン撮影と違わぬ原理に基づいて行われるのがX線探査です。X線探査はコンクリート内部探査の中でも特に信頼性に秀でた探査方法で、内部の埋没物を正確に、かつ短時間で写し出すことが可能です。

2018.1.10

私ども有限会社サワケンでは、アンカー引抜試験などを始め、建設工事の際に必要となる各種試験を請け負っております。弊社では、ケミカルアンカーの打ち込みから引抜試験までをすべて自社で一貫して行っております。責任を持って作業に当たりますので、安心してお任せください。

2017.12.20

建物を建てる前には、基礎や躯体となる部分に、あらかじめ給排水管や電線が通るためのスペースが設けられていますが、後日、新たな配管、配線をしたい場合には通り道が必要になります。このための穴を開ける作業をコア抜きと言い、ダイアモンド粒子の付いた丸い刃を回転させながら行います。有限会社サワケンは、関東一円でのコア抜き工事のご相談をお伺いしております。

2017.12.14

X線探査とはコンクリートのレントゲン撮影です。施工管理状態の品質を確認する為のコンクリート構造物の配筋状況や、かぶり厚を調査したり、後施工アンカー工事の鉄筋や電気線、水道管等がないかなど、内部構造を詳しく確認することができます。X線探査のことは、私どもサワケンにお任せください。

2017.12.6

「コア抜き」は建設業の専門用語で、建物のコンクリート部分に穴を開ける工事です。電気や空調設備のケーブル、配管を通したり、耐震診断のために行われます。工事にはダイヤモンドの刃先のついた高強度の機材が使用されます。コア抜き工事のご相談は、私どもサワケンまでどうぞ。

2017.11.29

工事の安全性を確かめるため、アンカーの打設後、引抜強度を測定して品質管理を行われるのが、アンカー引抜試験です。サワケンでは、引抜試験を通じて設置後の安全性を確認することができるこちらの試験のご依頼を承っております。お気軽にご相談下さいませ。

2017.11.22

コア抜き工事の施工ができる会社をお探しでしたら、有限会社サワケンにお任せください。弊社はダイヤモンドカッターを使ったコア抜きを行っております。すべての施工を自社で責任を持って施工しておりますので、安心してお任せいただけます。

2017.11.15

有限会社サワケンでは、コンクリート内のX線探査、およびレーダー探査を承っております。X線探査の場合、コンクリートの厚さは400mm程度まで対応できます。コンクリート内部の鉄筋や電気配線の正確な探査をご希望でしたら、弊社にお任せください。

2017.11.8

アンカーの打設後、引抜強度を測定して品質管理を行うのがアンカー引張試験です。工事が計画書通りに遂行されているかを確認し、その安全性を確かめます。設備機器や看板などの固定に用いられることが多く、引張試験を通じて設置後の安全性を確認することができます。

2017.10.31

コア抜き工事を施工できる会社をお探しでしたら、私どもサワケンまでどうぞ。ダイヤモンドカッターを用いた弊社のコア抜き工事は、すべて自社で責任を持って施工致します。経験と実績に基づいた確かな技術は、多くのお客様より信頼を頂いております。

2017.10.25

コンクリート内のX線探査のことなら、私どもサワケンにお任せください。外からは見えない、コンクリート内部の状態が手に取るようにわかります。また、被曝災害を最少限にするため、立入禁止エリアを規定以上に広げて作業を行っております。

2017.10.18

私どもサワケンの行うアンカー引抜試験は、加力測定器を用いた非破壊試験を採択しております。試験に用いる加力測定器は軽量・小型タイプのため、天井・壁面、また狭いところなど、作業対象や環境を限定せずに利用できます。試験の結果やデータはその場でプリントしてお渡しできます。

2017.10.12

コア抜きは出来上がった建物に後から穴を開ける工事です。弊社ではダイヤモンドカッターコアドリルを用いたコア抜き工事を行っております。壁・床のコア抜きはもちろんのこと、天井のコア抜き工事も対応できますので、まずはお気軽にご相談くださいませ。

2017.10.4

コンクリートで建築した建物のX線探査を依頼するなら、私どもサワケンにお任せください。X線探査をする事により、大切な建物を傷つけることなくコンクリートの内部の調査が出来るからです。私どもサワケンは、安全面にも考慮した確かなX線探査をご提供しております。

2017.9.27

私どもサワケンはアンカー引抜試験を得意としております。弊社では自社責任施工にて接着アンカー施工を手掛けております。また、レーダー探査などのコンクリート内非破壊探査や、ダイヤモンドカッターによるコンクリートコア抜きもご依頼いただけます。コンクリート関連工事のスペシャリストとして、皆様のお役に立てれば、と考えておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。

2017.9.20

コンクリートの床、壁に円筒状の穴を開ける作業をコア抜きといいます。サワケンではダイヤモンドカッターを用いたコア抜きを行っております。確かな技術力を基にした、的確な施工を行ってまいります。

2017.9.13

有限会社サワケンでは、コンクリート内のX線探査を承っております。 X線探査を行うことで、人体へのレントゲン撮影のように、外部からでは窺い知ることのできない、コンクリートの内部の状態をしっかりと見極めることができます。もちろん、安全面にも考慮した手法を採択しておりますので、安心してご利用ください。

2017.9.7

サワケンのアンカー引抜試験は確実なデータを得るために加力試験を行っております。弊社で検査のために用いる測定器は軽量・小型タイプのものなので、天井や壁面、狭い場所などさまざまなところで試験を行うことができます。

2017.8.31

コア抜き工事をご検討の際は、私どもサワケンまでご相談ください。弊社の行うコア抜き工事は、壁や床だけでなく、天井コア抜きにも対応しております。ダイヤモンドカッターを使用した、技術的にも確かな工事をお約束いたします。

2017.8.24

X線探査はX線を用いて物体を破壊せずにその状態を確認することができる方法です。医療の現場ではレントゲンなどがX線を用いて行われていますが、建物の構造物を調べるためのX線探査というのも行われています。そんな建物へのX線探査のことなら、私ども有限会社サワケンにご相談ください。

2017.8.9

コア抜きとは、コンクリート基礎などに新たな給排水管やダクト、電気ケーブルなどを通すために、専用の円形の刃と器具を使って歯を回転させながら穴を開けることを言います。私ども有限会社サワケンは、コア抜き工事の依頼を承っております。

2017.8.4

アンカー引抜試験は大きく二つに分類されます。そのうちの1つは接触や打音により確認する簡易な方法で行われますが、サワケンではもう一つの方法ある加力測定機を用いた非破壊試験を行います。

2017.7.28

コア抜きとは、建物のリフォームやリノベーションを行う際に、ケーブルやダクトを通すために壁や床などに円形の穴を開ける作業です。コア抜きをする際は、建物の強度を損なわないように慎重に行う必要があります。サワケンでは、熟練のスタッフが高い技術でコア抜きを行っております。

2017.7.20

空港の荷物チェックなどで使用されるX線。そんなX線を使って行われるX線探査は、コンクリート内部の鉄筋・電気配管等を調査する際に行われます。X線探査のご依頼がございましたら、有限会社サワケンまでご相談ください。

2017.7.12

アンカーは設備機器の固定を行うため、ボルトをコンクリートに埋め込んで使用します。アンカー引抜試験はアンカーを施工後に行うアンカーの強度を測定する試験のことで、施工業者の自主検査になっております。その方法には目視検査、接触検査、打音検査、非破壊検査、破壊試験のパターンが存在し、目視から直接的に触ったり、ハンマーで叩くなどして試験を行います。アンカー引抜試験をご検討の際は有限会社サワケンにご相談ください。

2017.7.6

コア抜きとは壁や床に円筒形の穴を開ける工事です。建物の改修工事では主に電気設備のケーブルや空調設備のダクトなどを通すために行われます。コア抜きにはドリルやダイヤモンドヘッドの付いた工具が使用されます。関東一円におけるコア抜きのご相談は有限会社サワケンまでお問い合わせください。

2017.6.30

コンクリート壁などの耐震診断や強度を測定するのために、コア抜きでコンクリート壁のサンプルを採取します。この場合には、コンクリート内部に入れた鉄筋を切断しないように注意しなければなりません。有限会社サワケンでは、細心の注意を払った、丁寧な施工によるコア抜きを行っております。

2017.6.22

コンクリートなどの建造物内部に鉄筋や配管などの内臓物に位置をX線探査で撮影した写真でご覧いただくことができます。これに人体骨などを撮影するレントゲンと写真と同様な原理を用いております。建造物のX線探査をご検討の際は有限会社サワケンまでご相談ください。

2017.6.15

コンクリートなどにボルトを施工した後に、計画書通りに行われているかを検査するために、施工ボルトのアンカー引抜試験により引抜強度を測定します。この検査で、設計通りの強度に満たない場合には再施工を行います。アンカー引抜試験をご検討の際は、サワケンまでどうぞ。

2017.6.7

壁や床に円筒形の穴をあける作業をコア抜きと呼びます。サワケンで行うコア抜きは強度の高いダイヤモンドヘッドの付いたビットを用いるため、鉄筋コンクリートにも穴をあけることが可能です。コア抜きは電気設備や空調設備のケーブル・配水管の増設や、耐震診断のテストピース採取などに利用されています。

2017.6.1

コア抜きとは完成した建物に穴をあける作業のことです。高強度のダイアモンドヘッドのついたビットを用いて作業するので、鉄筋コンクリートなどにも穴をあけることが可能です。コア抜きのことなら有限会社サワケンにおまかせください。

2017.5.26

X線探査とは外から見えないコンクリートの中の状態を見るために行われます。原理は人がX線でレントゲンを撮るときと同じで、これを行うことでコンクリートの中の鉄筋の場所などを確認することができます。X線探査のことなら有限会社サワケンへお任せ下さい。

2017.5.18

コンクリート建造物に、看板や構造物を設置する場合の固定方式として、コンクリートに後からアンカーボルトを施工する工法が広く普及しています。アンカー引抜試験は、アンカーボルトで固定された構造物の落下や転倒を予め防ぐための性能確認のため、施工後のアンカーボルトに行う試験です。アンカーボルトに所定の荷重を加え、荷重保持の性能を荷重値と目視で確認します。関東一円のアンカー引抜試験のご依頼はサワケンへどうぞ。

2017.5.11

コア抜きを行う機器の先端に、ダイヤモンドカッターを採用する事により、従来の金属を用いた方式と比較して、格段に掘削能力が向上したのと同時に、メンテナンスも容易となり、現場の作業能率が大幅に改善されました。ダイヤモンドカッターを用いたコア抜きのことなら有限会社サワケンにお任せください。

2017.4.27

コア抜き工事とは、配線や配管の増設のため、コンクリートで固められた基礎に穴を開けることを言います。サワケンではダイヤモンドがちりばめられた円形の刃を、専用の機械で回転させながら施工していきます。また、310mm以下のALCコア抜きの際にはハンディ式のコア抜きが可能となっております。

2017.4.19

X線探査の非破壊探査・レーダー探査でコンクリート内部の鉄筋・配管等を正確に探査することができます。探査の際は弊社独自の規定として、散乱線による被ばく被害を最小限に抑えるため、立ち入り禁止区域を通常の規定よりも広げて作業を行っております。安全面にも配慮しつつ、確実な作業をお求めの際は、どうぞ弊社までご依頼ください。

2017.4.12

アンカー引抜試験の主な目的はアンカーの極限引き抜き力及びその挙動を把握することです。また、アンカーの設計時に必要となる種々の定数を求めることもその目的となっております。アンカー引抜試験のことなら有限会社サワケンまでどうぞ。

2017.4.5

コア抜きとは先端に工業用ダイヤが付いた円筒を高速回転により建物の壁や床、または梁などに、穴を開ける工事の事です。穴を開ける作業は、打撃を与えることがないので建物には、やさしい工法であると言えます。安心してお任せください。

2017.3.29

有限会社サワケンは、コンクリート関連の工事を請け負うスペシャリストとして、関東圏下で業務を行っております。ケーブルや配水管を増設する際に用いる、コンクリートのコア抜き業務も行っております。他にも、コンクリート内における非破壊検査も担当しており、X線やレーダーを駆使して行っております。

2017.3.23

X線探査とは、目では見ることができないコンクリート内部をX線撮影することによって、鉄筋や電線管の位置・太さ・ケーブルの有無などについて破壊することなく確認をすることが出来る方法です。茨城県取手市にございます弊社では、関東一円におけるX線探査の対応が可能となっております。

2017.3.15

近年、マンションや学校、ビル等のコンクリート構造の建物での耐震改修工事が多く行われております。その工事の中で耐震性を向上させる為に梁や柱といった構造体を大きくする工事がございます。その様な構造体を大きくする為に鉄筋をアンカーで元々の躯体に打ち込みます。そのアンカーがしっかり抜けない様に打ち込まれているか、をしっかりと確認する為にアンカー引抜試験を行います。アンカー引抜試験のご依頼は私どもサワケンにお任せください。

2017.3.9

コア抜きに利用する機器の素材として、ダイヤモンドを用いたコアビットが注目されています。世界最高クラスの硬度を持ったダイヤモンドは、切れ味抜群で、高い掘削能力を誇っているだけではなく、長時間使用にも耐えられる耐久性も兼ね備えています。弊社のコア抜き作業にもダイアモンドコアを用いておりますので、その確かな性能を感じ取っていただけるものかと思います。

2017.3.1

コア抜きとは建築用語で床や壁などに円筒状の穴をあける事を指します。刃先にダイヤモンドチップが付いたビットを使うので、鉄筋コンクリートなどにも穴をあける事が可能です。硬い物でも切断できるため、穴の位置を決める時には慎重に行う必要があります。弊社は熟練の腕を持つスタッフを擁しておりますので、安心してお任せください。

2017.2.22

X線探査とはX線がもつ透過性を利用してして行う検査で、医療用としてつかわれるX線検査と原理は同じです。工業用としては、非破壊検査の一つとして建物の内部の状況を調査したい際に用いられます。調べたい部分の裏側にフィルムを貼り、そこにX線を照射し、撮影した画像をもとに診断をします。工業用のX線探査は株式会社サワケンにお任せください。

2017.2.15

建造物の支柱や道路などの路面の施工が設計通りの仕様で作られているか、支柱や路面の強度や耐久性などの測定を行うために、目的の試験規格に定められた大きさのコア抜き試験を行って評価を致します。

2017.2.8

弊社はコンクリート内のレーダー検査やアンカー引抜試験を主な業務としております。またダイヤモンドカッターによるコンクリートのコア抜きなども行っておりますので、工事についてのお問い合わせがございましたら弊社までご一報ください。

2017.2.1

弊社ではダイヤモンドカッターコアドリルを使用したコア抜きを行っております。壁・床のコア抜き工事はもちろんのこと、逆さ(天井)コア抜き工事も、経験豊富なスタッフによって安心・安全に責任を持って作業いたします。

2017.1.25

X線探査はX線を用いることでコンクリート内部の状態を確認することができる非破壊検査の方法です。撮影範囲は限定され、X線を用いる性質上、他の作業と平行して行うことは出来ませんが、破壊を伴わない方法で問題を探査することができます。

2017.1.18

アンカー引抜試験とは、あと施工アンカー施工終了後に行う試験及び検査のことです。アンカー施行後の試験及び検査は、施工が施工計画書通りに行われているかどうか、自主的にあと施工アンカー施工業者が検査するものです。

2017.1.11

コア抜きとは、出来上がっているコンクリート基礎に、新たに配管や電線を通したい際に穴(コア)を開ける作業を言います。ダイヤモンドの粒子のついた専用の刃を回転させながら穴を開けます。

2016.12.21

コア抜きとはすでにコンクリート工事が終わっている床や梁などに、あとから穴をあけることです。どういった時に施工を行うのかというと、改修工事等でどうしても後から穴を追加しないと配管をすることができない場合に、おこなうものです。あるいは新築の場合でも急に間取り等が変更になった場合のみ行われます。

2016.12.15

X線探査とは、耐震補強工事や、設備更新工事などを行うときに、直接目で確認できないコンクリート内部などをレントゲン撮影して確認する探査作業のことです。スペースと電源が確保できれば、それをすることができます。

2016.12.8

アンカー引抜試験とは、アンカーの打設工事完了後に行う品質検査のことです。工事が施工計画書通りに施工されているかどうかを検査します。検査は自主検査と立ち合い検査の2種類があります。

2016.12.1

コア抜きとは、打設された基礎や地面に、新たに給排水管、電線、空調管などを通す際に、専用の穴を開ける事を言います。ダイヤモンドがちりばめられた円筒状の刃を専用の機材に取付け、回転させながら徐々に穴を開けていきます。

2016.11.25

アンカー引抜試験とは、施工計画書の通りに施工が行われているかどうかを、施工業者が自主的に検査することをいいます。実績のある当社に安心してお任せください。

2016.11.16

調査を行うための手法には様々な種類がありますが、対象を傷つけることなく調査することができるX線探査は応用の幅の広い検査方法として注目を集めています。非破壊検査とも呼ばれ、様々な場面で活用されています。

2016.11.9

既存建築物の劣化調査などの場合に、X線探査やレーダー試験やアンカー引抜試験などを行うことが必要になります。当社では、そういった調査関係の業務経験が豊富なので、現場工事担当者から多くの相談を受けて業務を行っております。

2016.11.2

軽量・小型タイプを使用 しているので、天井面や壁面、狭い場所での試験が当社では可能です。アンカー引き抜き試験のことならサワケンまでお問い合わせください。

2016.10.26

コア抜き工事にはいくつかの方法があります。中でもハンディ式のコア抜きは、コアドリル設置のベース用穴が残らずに作業を終えることができます。母材に穴をあけて、接着剤を充填させ、アンカー筋を固定させるケミカルアンカーも、見た目が綺麗なまま作業をすることができます。

2016.10.20

コンクリート内のX線探査とは医療で用いられるレントゲンと同じ原理です。基本的に施工箇所の確認→X線発生装置の設置→X線撮影→現像→コンクリート内部状態を分析といった手順で行われます。これにより改修すべき箇所の早期発見が出来ます。

2016.10.12

アンカー引抜試験は建築工事や土木工事において、後施工アンカーを施工して場合に、そのアンカーに引抜強度を確認するための試験です。あと施工アンカーは構造上重要な部位のため、確実な試験が重要です。

2016.10.6

当社は、建物のコンクリートの内部検査やコア抜きと呼ばれている検査法、および接着アンカー施工とアンカー引き抜きに至るまで行っている、一貫施工会社です。

2016.9.29

ダイアモンドコアビットを使用したコア抜きは、さまざまな現場でその力を発揮しています。高い硬度を誇るダイヤモンドが持つ強力な掘削能力で、スピーディーで確実な作業を実現しています。

2016.9.21

コンクリート内部の様子を破壊することなく確認できるのがX線探査です。これによって鉄筋・電配管の配置が分かり、より安全、スピーディーに工事を行うことが可能となるのです。

2016.9.14

建設には、アンカー引抜試験が不可欠です。とはいっても、個人が勝手に不確かな試験を行うわけにもいきません。きちんと資格と専門的知識をもった業者に依頼して、しっかりとした試験を行ってもらいましょう。

2016.9.7

「コア抜き」とは、建物が完成した後に、壁や床に穴をあける工事のことです。改修工事などで配管が必要な時に行いますが、建物の構造上必要な強度を保つために、十分に考慮して行う必要があります。

2016.8.31

ダイヤモンドカッターを使いコア抜きをおこなう作業は、一見大雑把に見えて実は正確さが要求されます。ただコアを抜けばよいだけではなく、決められた位置や壁の厚さを考え、センサーや図面でコンクリート内部の鉄筋などの様子を確認して作業を進めます。

2016.8.24

X線探査とは、コンクリートの中に埋没している鉄筋や電線管などをX線で探す方法です。X線探査は探査制度が高いため、切断事故を未然に防ぐことができ、埋没しているものの種類や数が判断しやすいメリットがあります。

2016.8.18

アンカー施工後に、施工計画書通りに施工が行われているかどうかを施工業者が自主的に検査することを、アンカー引抜試験といいます。自主検査と立ち合い検査に大別され、一般的に施工業者が行うのは自主検査で、目視検査・接触検査・打音検査を行います。

2016.8.4

アンカー引抜試験は、建築物から小さな設備まで多岐に渡る現場で必要とされる試験です。アンカー引き抜き試験のことならサワケンにご相談ください。

2016.7.28

新しい住宅の電気配線や配管のために、コア抜き工事の施工が必要になることがあります。そんな時には、サワケンにご依頼ください。熟練の職人が責任をもって迅速に対応いたします。

2016.7.21

X線探査は放射線を特殊なフィルムに当て、キズや埋まっている物がないかを調べる試験です。異常があった場合は、その箇所を改修します。目視することが難しい工事などで、行われることが多いです。弊社では高い技術力でサポートいたします。

2016.7.14

アンカー引抜試験など、建設工事かかる各種試験を請け負っている有限会社サワケンでは、ケミカルアンカーの打ち込みから引き抜き試験まで一貫して行っているので、発注がスムーズになります。

2016.7.7

コア抜き工事をしてくれる会社をお探しなら当社にお任せください! ダイヤモンドカッターを使ったコア抜きを行っており、自社で責任をもって施工させていただいておりますので、ご安心してご依頼して頂けます。

2016.6.29

コア抜きとは、すでに完成している建造物に穴をあける工事の事を言います。穴をあける場所を誤ってしまうと、すでに入っている鉄筋も切断してしまう事になるため、高度な技術が必要です。信頼実績の当社にお任せください。

2016.6.23

X線探査は、数あるコンクリート内部探査方法の中でも特に信頼性が高いと言われています。医療用のレントゲン撮影と同じ原理を利用しているので、埋設物の位置を正確に、しかも短時間で把握することができるのです。お気軽にお問い合わせいただければ、専門スタッフが丁寧に対応させていただきます。

2016.6.16

アンカー引抜試験には3種類の自主検査試験方法があります。目視検査と接触検査と打音検査です。原則として、すべてのアンカーを検査する必要があります。まずはお気軽にお問い合わせください。

2016.6.9

電気配線や空調設備を増設する時に、壁などに穴をあけることをコア抜きといいます。壁はコンクリート、タイルなどさまざまで、固さも違い、場所も壁面から天井までさまざまです。しかし、どんな材質にも対応できるようダイヤモンドのドリルを使用して、高度な技術でどんな場所にも対応します。お客様のご要望にしっかりとお応えすることが可能です。

2016.6.3

コンクリートに関してお問い合わせされたい方は、自社責任施工を行っている弊社にご連絡ください。ダイヤモンドコアを使用したコア抜きを実施させていただきますので、安心してお任せいただければと思います。詳しい内容につきましては、一度お問い合わせ頂ければ専門家が丁寧に対応いたします。

2016.5.27

X線探査は医療でも使われているX線を用いる探査方法です。X線探査は透過力の強いX線を用いることで、非破壊的に検査を行うことができると同時に高い信頼性を確保できます。その、業務に関する詳細をご確認されたい方は、一度ご連絡頂ければ詳しいご説明をさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

2016.5.19

建物の耐久性などを調べる検査方法の一つのアンカー引抜試験が歯科矯正の分野でも使われ始めており、幅広い分野で注目をされております。茨城県取手市のサワケンへお任せ下さい。茨城をはじめ、千葉・さいたま・東京都内・栃木・群馬など、関東一円出張が可能です。お気軽にお問い合わせください。

2016.5.12

コア抜きとは、高強度のダイヤモンドヘッドのついたビットで床や壁に丸い穴をあけることです。鉄筋コンクリートなどにも穴をあけることができます。土木用語では岩石などを爆破するダイナマイトを入れるために穴をあけることを「削孔」と呼び、建築用語では広義で穴をあけることを「穿孔」と表現します。詳しく問い合わせがご希望の方は、お気軽に弊社までお問い合わせください。

2016.4.27

コンクリート製のビル等で電気配線や空調設備を増設したい時には、コア抜き工事が必要になることがあります。そんな時に、良い業者を探しているのならば、腕の良い職人がいる有限会社サワケンに依頼してみると良いでしょう。

2016.4.21

ダイヤモンドコアを用いた壁コア抜き工事や床コア抜き工事はもちろんのこと、逆さ(天井)コア抜き工事にも対応致します。コア抜きのことは当社にお任せください。

2016.4.13

アンカー引張試験は、アンカーの打設後に引抜強度を測定して品質管理を行います。計画書どうりに施工がされているかを確認し、安全性をチェックします。設備機器や看板等の固定に使用される場合が多く、設置後の安全性を確認することもできます。

2016.4.6

建設業界で完成した建物に対し後から床や壁に穴を開けることをコア抜きと呼んでおり、配管工事等で行います。不適切なコア抜きは問題ですが、的確な施工を行えば、スムーズで効率のいい施工方法であると言えます。

2016.3.30

コア抜きとは床や壁に円筒形の穴を開けることで、主に配管工事や耐震強度等を調べるために施工します。的確な施工をする為には鉄筋の位置の把握や施工技術が必要で、実績がある会社でないと不安があります。弊社は、経験があり実績がある施工会社です。

2016.3.24

X線探査は、医療用のレントゲン撮影と全く同じ原理を利用しています。短時間で、埋設物の位置を正確にフィルムに写し出す事が出来るので、コンクリート内部探査の中でX線探査は最も信頼性が高い探査方法です。

2016.3.16

茨城県取手市の株式会社サワケンは、X線のコンクリート内探査からアンカー引抜試験まで自社で一貫して施工している会社です。茨城・千葉はじめ、東京都内・埼玉・栃木・群馬と関東一円の出張対応が可能です。

2016.3.9

コア抜きとは、すでに打設してあるコンクリート面に対して、打設したコンクリートの劣化や強度などを調査するためにコンクリートを試験体として抜き取ったり、工事にあたって配線、配管などを通すために機械で丸い穴をあけることを言います。

2016.3.2

壁や床に丸く円筒状の穴を開けることをコア抜きと呼びます。主に、配水管や電気・空調等のケーブルを通すために事後的に行われるのが特徴です。当然ながら、鉄筋を切断してしまうなどにより構造上の問題を生じさせることのないよう、穴開け位置の選定には細心の注意が払われます。

2016.2.24

アンカーボルトなど素材を母材に差し込み、この素材を引き抜くときに必要な力を測定するためにアンカー引抜試験が実地されます。アンカーボルトなどに物を支えるのに安全かどうかを確認することができます。

2016.2.17

コンクリート内X線探査とは、原理はレントゲン写真と同じです。厚さ400mm程度までの、コンクリートの内部を正確に探査できます。撮影時間は10秒程ですが、コンクリートの厚さにより異なります。

2016.2.10

建築においてコア抜きというのは、流し込んだコンクリートが固まっている床や梁の部分に、機械を使って孔を開けることです。本来ならば、穴が必要なときは設計段階から組み入れるのですが、急に配管の位置を変更しなければならない、といったときにコア抜きが行われます。

2016.2.3

高強度のダイヤモンドヘッドで鉄筋コンクリートに穴をあけるコア抜き施工は重要な工事ですので細心の注意が必要です。高い技術を持った安心の一貫施工会社でおこなうことをお勧めします。

2016.1.26

X線探査からコア抜きまで一貫施工はサワケンまで

2016.1.20

軽量・小型タイプなので、天井や壁面はもちろん、狭い場所でもアンカー引抜試験が可能です。加力測定器を用いますので、データをその場でプリントでき、すぐに結果を得ることができます。

2016.1.14

コア抜きやコンクリート内検査、アンカー引抜試験などを行っている会社になります。茨城県取手市に会社があり、関東一円のエリアに出張してくれます。自社責任施工で一貫施工会社なので、安心して依頼できます。

2015.12.22

茨城県取手市にある有限会社サワケンでは、ダイアモンドコア抜きという技法を用いられています。特徴は12mmφ〜600mmφまで対応し吸盤使用の天井コア抜き乾式施工も可能です。

2015.12.16

アンカー引抜試験とは、施工計画書の通りに施工が行われているかどうかを、施工業者が自主的に検査することをいいます。安心技術のサワケンにお任せ下さい。

2015.12.9

茨城県取手市にある有限会社サワケンは、コンクリート内のX線探査を行う事が出来る会社です。コンクリート厚さ400mmまで対応し、1回の撮影時間は10秒程度で終わります。独自の規定を設けて被爆災害を最小限に抑えられるように慎重な作業をされています。

2015.12.4

茨城県取手市にある有限会社サワケンが行うアンカー引抜試験は、加力測定機による非破壊検査で、その場でプリントをして結果を見ることができます。軽量で小型タイプなので狭い場所の試験が可能です。

2015.11.25

建物のコンクリート部分を、ダイヤモンドカッターで穴を開けることをコア抜きといいます。既存の建物に、各種ケーブルや配水管を増設する場合などに、この方法が用いられています。

2015.11.18

X線探査は有資格者が直接目で確認できないコンクリート内部をレントゲン撮影し、障害を事前にキャッチできるので非常に便利です。近年改修工事等の各現場で電線、鉄筋、LANケーブル等の切断が増えているため、X線探査の需要も増えているのです。

2015.11.11

アンカー引抜試験とはあと施工アンカー施工後に行う試験及び検査のことで、アンカー施工後の試験及び施工が行われているかどうかをあと施工アンカー施工業者が自主的に検査するものです。

2015.11.4

コア抜きとは、床、壁に円筒状の穴を開けることです。高強度のダイヤモンドヘッドのついたビットで穴を開けるので、壁どころか鉄筋コンクリートなどに穴を開けることもできます。電気、配水管、空調設備等のケーブルを増設、工事する時などにコア抜きがされます。

2015.10.28

コア抜きとは建築用語で床や壁に丸い筒型の穴を開けることをいいます。電線や配水管などの導線を確保するために行うことが多いほか、インテリアとして実施されることもあります。

2015.10.21

コンクリート内のX線探査は、サワケンへお問い合わせください。コンクリート厚さ400mm程度まで、コンクリート内部の鉄筋・電気配管などを正確に探査できます。

2015.10.14

アンカー引抜試験とは、施工責任者がアンカー施工後に計画通りの施工が行わているかを試験および検査を行うことです。検査内容は、自主検査と立会い検査に分けられます。自主検査は目視検査、接触検査、打音検査があり、立会い検査は非破壊検査や破壊検査があります。

2015.10.6

コンクリート等に穴を開けたりする作業の事をコア抜きと言って、建築工事や土木工事で必要とされます。サワケンはコンクリート内部の埋設物を傷つけず一貫して工事を完了できます。

2015.09.30

舗装道路工事に置いてコア抜きは道路の状況や工事の仕上がりを調べる上で重要な役割を果たしています。コア抜きの結果によっては再工事をすることもあり業者にとっては舗装を仕上げた後の緊張する検査作業の一つとなっています。

2015.09.16

アンカー引抜試験とは事前に計画した施工計画書通りに、施工が行われているかどうかを検査するものです。アンカー施工業者が自主的に行う自主検査では、接触や打音などの簡易的な検査です。その他測定装置を、用いた立合い検査があります。

2015.09.08

コア抜きは現代の建築用語の一つです。その意味は床や壁などに円筒形の穴を開けることを指します。主な使用例として配水管やケーブルの設置増設のためや耐震診断のテストピースの採取に利用されることが多くなります。

2015.09.01

コンクリート内X線探査のご相談は当社までどうぞ。コンクリート厚さ400mm程度まで、コンクリート内部の鉄筋・電気配管等を正確に 探査できます。

2015.08.24

ダイヤモンドコア抜き、天井 コア抜き、デッキプレートのコア抜きも可能です! コア抜きのことなら当社までお気軽にお問い合わせください。

2015.08.18

アンカー引 き抜き試験はサワケンにおまかせください。通常は施工業者の自主検査が一般的ですが、加力試験を行うことにより、確実な施工をデータとして得ることができます。

2015.08.04

サワケンのコンクリート内X線探査は、弊社独自の規定として散乱線による被爆災害を最少限にするため、立入禁止エリアを規定以上に広げて作業を行います。安全に確実に配慮した上で作業を行います。

2015.7.30

ALCコア抜きは310mm以下はハンディ式のコア抜きが可能です。ハンディ式なので、コアドリル設置のベース用穴が残りません。コア抜きのことならサワケンにお気軽にお問い合わせください。

2015.7.23

軽量・小型タイプを使用 し、天井面や壁面、狭所での試験が可能です。アンカー引き抜き試験のことならサワケンにお気軽にお問い合わせください。

2015.7.13

サワケンは、X線探査(レントゲン)やレーダー探査、といったコンクリート内非破壊探査から、ダイヤモンドカッターによるコンクリートコア抜き、接着系(ケミカル)アンカー工事からアンカー引張(引抜)試験まで、一貫施工を承っております。

2015.7.07

コア抜きのことなら当社までお問い合わせください。ダイヤモンドコア抜き、天井コア抜き、デッキプレートのコア抜きも可能です!お気軽にご相談ください。

2015.6.30

当社のアンカー引抜試験は軽量・小型タイプなので天井面や壁面、狭所での試験が可能です。お困りのことはお気軽にご相談ください。関東一円出張いたします。

2015.6.23

コンクリート厚さ400mm程度まで、コンクリート内部の鉄筋・電気配管等を正確に探査できます。コンクリート内X線探査のご相談は当社までどうぞ。

2015.6.16

吸盤使用・天井コア抜き、デッキプレートのコア抜きも可能です。コア抜きのことなら当社までお問い合わせください。

2015.6.09

加力測定機による非破壊試験で、データをその場でプリント致します。アンカー引き抜き試験もサワケンにおまかせください。

2015.6.02

コンクリート内X線探査をする場合は、弊社独自の規定として散乱線による被爆災害を最少限にする為立入禁止エリアを規定以上に広げて作業を行います。安全面をしっかりと確保した上で作業を行います。

2015.5.26

ダイヤモンドコア抜き、天井コア抜き、デッキプレートのコア抜きも可能です!コンクリート圧縮強度試験・中性化深度試験も承ります。お気軽にお問い合わせください。

2015.5.19

アンカー引き抜き試験もサワケンにおまかせください。軽量・小型タイプを使用し、天井面や壁面、狭所での試験が可能です。

2015.5.11

コンクリート内のX線探査は、サワケンへお問い合わせください。コンクリート厚さ400mm程度まで、コンクリート内部の鉄筋・電気配管などを正確に探査できます。

2015.4.27

コア抜きやダイヤモンドコア抜き、天井コア抜きも承ります。コア抜きのことなら、当社におまかせください。

2015.4.21

アンカー引き抜き試験のことなら、当社にご相談ください。加力試験を行うことにより、確実な施工をデータとして得ることができます。

2015.4.14

コンクリート内探査からコア抜き・接着アンカー施工・アンカー引抜試験まで、安心実績のサワケンにお任せ下さい。作業写真などもご紹介しております。 どうぞご覧ください。

2015.4.8

コンクリート内のX線探査は、サワケンへお問い合わせください。コンクリート厚さ400mm程度まで、コンクリート内部の鉄筋・電気配管などを正確に探査できます。

2015.3.26

コア抜きとは専用の道具を使って建物や壁に穴をあけていくという工事のことを指します。壁コア抜き工事や床コア抜き工事はもちろんのこと、逆さ(天井)コア抜き工事にも対応致します。

2015.3.17

コンクリートコア抜き・アンカー引抜試験・X線探査やレーダー探査のことなら当 店にお気軽にお問い合わせください。茨城 千葉 さいたまほか関東一円出張可です。

2015.3.10

アンカー引抜試験による目視検査では、細かい判定基準があります。施工位置や本数、角度や突出寸法が施工計画書通りに行われているのか確認します。アンカー引き抜き試験のこと、まずはお気軽にお問い合わせください。

2015.3.05

ダイヤモンドコアを用いた壁コア抜き工事や床コア抜き工事はもちろんのこと、逆さ(天井)コア抜き工事にも対応致します。安心施工のサワケンに、コア抜きのことはお任せください。

2015.2.25

コア抜きのことなら、当社におまかせください。ダイヤモンドコア抜き、壁コア抜き、床コア抜き、吸盤を使用しての天井コア抜きも施工可能!お気軽にお問いあわせください。

2015.2.18

ダイヤモンドカッターコアドリル使用によるコア抜き・コンクリート圧縮強度試験・中性化深度試験も承ります。茨城 千葉 さいたま 東京 栃木 群馬 関東一円出張いたしますのでお気軽にお問い合わせください。

2015.2.12

天井コア抜き、デッキプレートのコア抜き、ハンディ式コア抜き等さまざまなコア抜きに対応しております。コア抜きなら当社にお任せあれ!

2015.2.6

円筒形のコア抜き様の電動機財で、コンクリート構造物から、円柱状のコア試験片を取り出します。なお、この際、コア抜き機では、水を使って砂埃が立たない様にしますが、泥とともに水が流れて周囲を汚します。抜き取ったコア試験片は、コンクリートに亀裂が入っておれば、割れた形で抽出され、内部構造の推定を行うことができます。また、正常な形で取れたコア試験片は、圧縮試験機でどの位の強度があるかの測定対象物になります。

2015.01.29

ダイヤモンドコアビットを使い壁や構造物に穴を開ける工事のことをコア抜きと言います。コアサイズは25mm刻みで多くの大きさが用意されています。水を使いながら工事をする事でホコリを押さえ高強度のビットで騒音も防ぐ事ができます。

2015.01.21

接触や加音による簡易的な「自主検査」と、加力測定装置を用いた大がかりな「立合い検査」が、アンカー引き抜き試験にはあります。

2015.01.18

アンカー引抜試験とは、施工計画書の通りに施工が行われているかどうかを、施工業者が自主的に検査することをいいます。安心技術の当社にぜひお任せ下さい。

2015.01.06

通常は施工業者の自主検査が一般的ですが、加力試験を行うことにより、確実な施工をデータとして得ることができます。アンカー引き抜き試験のことなら、当社にご相談ください。

2014.12.18

コア抜きのことなら、当社におまかせください。ハンディ式なら、コアドリル設置のベース用穴が残りません。ALCコア抜きは310mm以下は、ハンディ式のコア抜きが可能です。

2014.12.12

サワケンでは、アンカー引き抜き試験やダイヤモンドコア抜き、コンクリート内X線検査などを一貫施工しております。お困りのことはお気軽にご相談ください。関東一円出張いたします。

2014.12.04

茨城 千葉 さいたま 東京 栃木 群馬 関東一円出張可!コンクリート内探査からコア抜き・接着アンカー施工・アンカー引抜試験まで、安心実績のサワケンにお任せ下さい。

2014.11.27

ALCコア抜きは310mm以下の場合、ハンディ式のコア抜きが可能です。ハンディ式なので、コアドリル設置のベース用穴が残りません。コア抜きのことなら、当店にご相談ください。

2014.11.18

コンクリート厚さ400mm程度まで、コンクリート内部の鉄筋・電気配管などを正確に探査できます。コンクリート内のX線探査は、サワケンへお問い合わせください。

2014.11.13

アンカー引き抜き試験は、加力測定機による非破壊試験で、データをその場でプリントいたします。軽量・小型タイプなので天井面や壁面、狭所での試験が可能です。

2014.11.05

はつり工事:コンクリートを電動ハンマーを使用して壊します。壁面・床面・天井面、対応致します。壊す面積が大きい場合には、エアーコンプレッサーによる解体工事も承ります。コンクリート内探査からコア抜きまで一貫施工いたします。

2014.10.28

ダイヤモンドコア抜き、壁コア抜き、床コア抜き、吸盤を使用しての天井コア抜きも施工可能!コア抜き工事ならサワケンにおまかせください。作業写真などもご紹介しております。どうぞご覧ください。

2014.10.21

アンカー引き抜き試験のことならサワケンにご相談ください。軽量・小型タイプを使用し、天井面や壁面、狭所での試験が可能です。加力測定機による非破壊試験で、データをその場でプリントすることも出来ます。

2014.10.15

コア抜きのご用命はサワケンまでお気軽にご連絡ください。ダイヤモンドコアを用いた壁コア抜き工事や床コア抜き工事はもちろんのこと、逆さ(天井)コア抜き工事にも対応致します。

2014.10.07

◆信頼と実績が違います◆サワケンは、コンクリート内探査からコア抜き・接着アンカー施工・アンカー引抜試験を自社責任施工にて行うことのできる一貫施工会社です。

2014.09.30

当社のコア抜きの作業工程は、まずは危険予知活動から行います。始業前の点検や、監視人の設置など安全面には十分に配慮しながら進めてまいります。

2014.09.25

X線探査(レントゲン)やレーダー探査、ダイヤモンドカッターによるコンクリートコア抜きなど自社責任施工にて行うことのできる一貫施工会社です。採用情報も更新しておりますので、お気軽にご連絡ください。

2014.09.16

当社では、天井コア抜き、デッキプレートのコア抜き、ハンディ式コア抜き等さまざまなコア抜きに対応しております。 お気軽にお問い合わせください。

2014.09.11

コンクリートコア抜き・アンカー引抜試験・X線探査やレーダー探査のことなら 茨城県取手市のサワケンへお任せ下さい。茨城をはじめ、千葉・さいたま・東京都内・栃木・群馬など、関東一円出張いたします。

バナースペース

有限会社 サワケン

〒302-0011
茨城県取手市井野5071

TEL 029-785-3823
FAX 029-774-5347